設定狙い講座今回は設定狙いで結果を出す上で大事になってくる「店側の気持ちになる」ことの重要性について書かせていただきます。

 

店側の気持ちになる

上から目線で接してくる人と、物腰柔らかで謙虚な人がいた場合、後者の「物腰柔らかで謙虚な人」に好意を持つと思います。

 

これって私生活でもそうなんですが、パチンコ屋でも同じなんですよね。
自分がホール店長で設定を決める立場にあると考えて下さい

 

いつも店のルールを守らず、他の客からもクレームが入るような人がいたら、なるべくならそのようなお客さんよりもしっかり店のルールを守る方に設定で還元したいと思いますよね?
もし、そんな嫌われものが今日座る台や機種が予想出来たら、その機種の設定を落とす可能性も出てきます。

 

まぁあまり無いですが、地域密着店で常連がついている島を荒したりすると目をつけられます。そうやって、相手にどう思われるのか?は考えて損はないと思います。そんな難しく考えなくていいんです。

 

「自分が店長だったら、こんなことをするお客さんに還元したくない」と思われないようにするだけです。
思いやりって、仲間内では出来ていても、外食に行った時やパチンコ屋にいくと急に横暴な態度を取る人が結構います。思い当たるふしがある人は気をつけましょう。

好き

店の人に嫌われないようにするには?

こんなことを文章をするのもおかしいと思うんですが、出来ていない人が本当に多いんですよね(^^;)よく見かけるのは、こんな方です。

 

もし、少しでも当てはまる人がいたらすぐに止めましょう。

1、店員に横暴な態度を取る人 ⇒ 変に謙る必要はないですが、対等に接しましょう。
2、店のルールを守らない人 ⇒ 1人で複数台を抑えるとかですね。
3、歩きタバコ、路上タバコをしない ⇒ タバコが誰かに当たりそうになって避ける人の気持ちになりましょう。(店の中はOKです)
4、狙い台を後ろで張り付き ⇒ 自分がやられたら嫌ですよね・・

 

ドル箱はカチ盛りせずにサラ盛りで

ドル箱ってカッチカチにいれた場合、さらもりの1.5倍~2倍程度のコインが入るんですよ。

 

同じ枚数でも、カッチカチの2箱とさらもりの4箱だと、どうしても4箱の方が沢山出ているように見えるんですよね。
最近、やたらとドル箱が小さい店がありますが、それって箱が小さい方が多くの箱を使うため出ているように見えるからそうしてるんですよね。

 

ってことは、さらもりで箱を沢山使ってあげた方が沢山出ているように見えるので店としてはうれしいです。
ホールの人がカチ盛りにする人とさらもりで入れる人だったら、さらもりで入れる人に好意を持つはずです。

 

これで結果がすぐ出るとは思いませんが、やっておいて損はないです。
(正直これだけだと大した効果は無いですが、いろんなことのチリ積もで効果が出ると思ってください。)

 

まとめ

今回話したことってパチンコ屋だけではなく、普段の私生活でも全く同じです。相手のことを思いやる謙虚な人には優しくしたり応援したくなるものです。

 

当然パチンコ屋で好感度高い人の方が出玉で還元したくなるという話でした。

 

前回→【第12回】3日連続イベントは初日が熱い!

 

次回→【第14回】小役の取りこぼしを徹底的に嫌う