真似

前回設定狙いのクセを掴むと高設定奪取率が上がる話をさせていただきました。

 

でも完全に初めて行くホールだったりすると、なかなかクセが掴めないことがあります。
そんな時に最初にやっていただきたのは、いつも勝っている人の動きを観察して真似をするということです。

 

勝っている人の真似をする

自分以上に設定狙いで結果が出ている人がいたら徹底的に真似をしましょう。
それは知り合いでもいいですし、プロでも良いです。
探し出した高設定が入る店に朝から行って、いつも勝っている人がどんな台を打っているかを監察しましょう。
何事も最初は真似からです。

 

いま現在ある程度勝ってしても、自分以上にうまい人はきっといますので、常にそういった意識で他人を見るようにしましょう。

 

勝っている人の何を見る?

前回お話したクセに当てはまるモノが無いか確認しましょう。
最初に見るべきなのは、高設定の据え置き狙いと、設定上げ狙いのどちらで立ち回っているかです。勝っている人が朝一にどっちの戦略を取っているかを見てみましょう。

 

あとは角台など特定の場所ばかり狙っているとか、特定機種ばかり打っているとかが見えてくると思います。

 

他に見るべきポイントは前回お話した、店のクセに該当する台を打っていないかを見ましょう→パチスロ設定狙い講座第4回【店のクセを掴め】

 

どんな台を打っているか分かったらあとは簡単です。
次から同じ行動をするだけです。

 

まとめ

ハイエナと比べて設定狙いはすぐには結果はつきづらいですが
1回高設定を掴めれば大きな期待値を積めます。

 

勝っている人と同じ行動が取れていて負けるのはしょうがないです。
何回も繰り返しやることで、いつか必ず高設定が掴めます。

 

予想した高設定狙いがバチっとはまった時の楽しさが高設定狙いの醍醐味です。
自分で勝利を掴み取った感が、ハイエナには無い楽しさです。

 

何度も言いますが、設定狙いは店選びが最も重要です。
どんなに高設定っぽく見えても高設定が入ってない店では、低設定確定です。
高設定を全くおいてない店は沢山存在するということを頭に入れて立ち回りましょう。

 

今回は以上になります。

 

前回→【第4回】店のクセを掴め!下見で勝負は決まる!

 

次回→【第6回】収支表をつける重要性