ジャングルマスターコングダム
©山佐
導入日:2019年5月7日、約3,000台

6号機のスロット新台「ジャングルマスターコングダム」についての評価・感想・口コミ・評判をまとめました。

★1~5の5段階で評価出来るので是非投票お願します!↓評価投票にジャンプ

スペック概要

▼▼機種概要

項目 内容
導入日 2019年5月7日
導入台数 数千台
機種名 ジャングルマスターコングダム
メーカー 山佐
タイプ A+RT(5.9号機)
回転数/50枚 34.8G
天井 無し
BIG枚数 最大300枚
REG枚数 最大84枚
RT 20G or 100G or 999G

▼▼ボーナス確率、出玉率

設定 赤BIG 緑BIG BIG合成 REG
1 1/744.7 1/504.1 1/300.6 1/374.5
2 1/485.5 1/728.2 1/291.3 1/337.8
5 1/704.7 1/474.9 1/283.7 1/299.3
6 1/452.0 1/682.7 1/271.9 1/273.1
設定 ボーナス合成 出玉率
1 1/166.8 97.30%
2 1/156.4 100.20%
5 1/145.6 105.10%
6 1/136.3 108.50%

▼▼解析情報はスロマガがおすすめ!
パチマガ
スロマガ

試打動画

ツイッター内の口コミ・評判

チェリ男さんのツイート動画を見ていただくと分かるんですが、レバーオンすると一瞬上にウェーブしてからリール始動を行います。

これが非常に不評!!特に期待感もなく毎ゲームですからね。馬鹿にしてんのかと・・。台の性能自体は評価している人がいるだけに、くだらない所でクソ台評価を受けたのはもったいないですね。

導入前の管理人による評価・感想

本機はA+RT機となっており、BIG後に一風変わったRTに突入する台となっています。

まず通常時なんですが、3リールの右側に4つ目の演出用リール(4thリール)がついています。

4thリールで、小役示唆やボーナス示唆を行っています。4thリールの立ち位置的にはディスクアップのサブ液晶と同じで、演出とリールを絡めることでボーナスを察知していく台となります。

BB後にRTがついており、まず20GのナイトモードというRTに突入します。そのナイトモード中に特殊リプレイを引くと、ジャングルタイムという100G or 999G のRTに移行します。

ナイトモードの4回に1回くらいの頻度でジャングルタイムに移行するようです。

RBは基本的にRTに突入しないんですが、ナイトモード中もジャングルタイム中にRBをひてもRTが継続するという特殊仕様になっています。RT中はRBが取り放題になっているということですね(BB引いたらはRTリセットです)。

試打動画を見た感じは4thちーるの動きがうまくリール制御と絡んで、かなり面白そうに感じました。テトラリールの遅れや振動など、センスのある4thリールの使い方をしています。

ただ、一番気になるのは設定1の機械割ですね。設定1で97.3%となっております。これは相当辛いですね・・

ディスクアップがヒットしたのは、演出バランスが良いというのもあるんですが、機械割が甘いというのが大きかったと思います。

いくら面白くてもAタイプのB級コンテンツの場合は機械割が良く無いと打ちこめないと思います。

ディスクアップは確かに面白いとは思うけど、はっきり言って機械割が100%以下だったら確実にヒットしていないですからね・・。

中身が良くても「中身が良いのを知る前に打つのを止めてしまう」というのがでかい気がします。

Aタイプは、AT機と異なり良くも悪くも設定に忠実な出方になるので、設定1の機械割は非常に重要になってきます。

この台も試打動画を見た感じ、中身は良さそうなんですが、辛すぎて稼働しないでしょうね。

最後に採点をさせていただきたいと思います。

4thリールとリール制御の絡みが面白そうだけど設定1の機械割が辛すぎるので、

評価は35点(★2つ)

とさせていただきます。

みんなの感想(投票お願いします!!)

みんなの評価(平均1.3) 
 レビュー数(3件)
2件
1件
0件
0件
0件
名無し

山佐に期待した俺が悪かった!

名無し

ディスクアップの劣化版という感じでしょうか。
こういう感じの台沢山出るでしょうね。ディスクアップに戻ります。

管理人ひかる

4thリールとリール制御の絡みが面白そうだけど設定1の機械割が辛すぎるので星2を評価しました。はやらずすぐ消えるでしょうね。

スペックを見ての評価、初打ち評価を投票して下さい(^^)
1
2
3
4
5
投票する
 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます