ゴーゴージャグラー2筐体
©北電子
導入日:2019年4月8日、約20,000台

5.9号機のスロット新台「ゴーゴージャグラー2」についての評価・感想・口コミ・評判をまとめました。

みんなの評価投票により当サイトは成り立っています!★1~5の評価投票お願します!↓評価投票にジャンプ

スペック概要

▼▼機種概要

項目 内容
導入日 2019年4月8日
導入台数 約20,000台
機種名 ゴーゴージャグラー2
メーカー 北電子
タイプ ノーマル(5.9号機)
回転数/50枚 不明
天井 無し

▼▼ボーナス確率、出玉率

設定 BIG REG 合算 出玉率
設定1 1/269.7 1/364.1 1/154.9 97.00%
設定2 1/268.6 1/336.1 1/149.3 98.20%
設定3 1/266.4 1/318.1 1/145.0 99.20%
設定4 1/260.1 1/283.7 1/135.7 101.60%
設定5 1/255.0 1/255.0 1/127.5 103.80%
設定6 1/242.7 1/242.7 1/121.4 106.50%

▼▼新たに搭載されたプレミア演出

新プレミア 内容
リールスロー回転 レバーONした瞬間にいつもよりゆっくりとリールが回転。
きらめき点灯 一瞬だけ120%の輝きアクション!
隠れツノっち ボーナス成立時の第3停止ボタンをネジネジすると徐々に隠れツノっちが出現!

▼▼解析情報はスロマガがおすすめ!
パチマガ
スロマガ

PV

ゴージャグ1と2の比較

設定 BIG REG 合算 機械割
ゴージャグ1の設定1 1/270 1/364 1/155 98.90%
ゴージャグ2の設定1 1/269.7 1/364.1 1/154.9 97.00%
ゴージャグ1の設定6 1/243 1/243 1/121 108.40%
ゴージャグ2の設定6 1/242.7 1/242.7 1/121.4 106.50%

ゴージャグ1と2での比較を見てみると、BIG確率とREG確率はほぼ同じです。しかし「ゴージャグ2の方が出玉率が約2%低い」です。ボーナスの獲得枚数は同じなので、回転数が悪くなったのか?出率が下がった理由が分かり次第追記したいと思います。

 

筐体のパッと見は1と2で同じなのに出玉率が悪くなっているのは凄く嫌ですね・・。ゴージャグ2では下パネルに象が書かれているので、象の有無で1か2かの判断をすることになります。

導入前の管理人による評価・感想

ゴーゴージャグラー2のレビューをしたいと思います。

6号機になると、BIGの獲得枚数が2/3にスケールダウンします。検定を取得してから3年となるので、5号機ジャグラーとして最後まで設置できるのは本機ということになります。そういう意味で貴重な一台になるはずです。

設定 BIG REG
設定1 1/269.7 1/364.1
設定2 1/268.6 1/336.1
設定3 1/266.4 1/318.1
設定4 1/260.1 1/283.7
設定5 1/255.0 1/255.0
設定6 1/242.7 1/242.7

ボーナス確率はゴージャグ1とほぼ同じです。ボーナス確率の特徴としては、設定5と6はBR比率が1対1になる部分と、設定1のボーナス合算が1.154.9(※マイジャグの設定1は1/172.5)という点です。

マイジャグと比較すると、低設定域のボーナス合算が軽くなります。ようするにボーナス確率から設定の高低が見抜きづらいということです。

ジャグラーってリールを止める過程も何も無く、3停のペカリを待つだけなのが暇過ぎてほとんど打たないです。

ジャグラーを良く打つ方に聞きたいのは、何が面白いんでしょう・・?嫌味でも無く本当に何が面白いのか分からないんですよね。評価コメントから教えて下さい。↓評価投票にジャンプ

高齢者に人気の機種という意味ではニューパルの方がリール制御の楽しみがあるぶん好きなので、6号機になったらニューパルに頑張って欲しいですね。

最後に採点をさせていただきたいと思います。

ジャグラーの何が良いか分からないということで、

評価は35点(★2つ)

とさせていただきます。

みんなの感想

ゴーゴージャグラー2の評価を大募集!

評価を投稿する
1
2
3
4
5
投稿
みんなの評価(平均2.5) 
 レビュー数(2件)
0件
1件
1件
0件
0件
名無し

『リールを止める過程も何も無く、3停のペカリを待つだけ』
適当に打ってればそうだろうが、逆押しとかスベりとかあるだろうが馬鹿か。
ゴージャクはスペックがキツイので星は3

166pt獲得
管理人ひかる

導入前評価です。
ジャグラーシリーズの何が面白いのか分からないので★2と評価しました。

169pt獲得

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます