ドンちゃん2 筐体
©ユニバーサルエンターテイメント
導入日:2019年3月25日、約3,000台

6号機のスロット新台「ドンちゃん2」についての評価・感想・口コミ・評判をまとめました。最下部から評価投票出来るので投票お願いします。↓評価投票にジャンプ

スペック概要

▼▼機種概要

機種名 ドンちゃん2
メーカー ユニバーサルエンタテイメント
規則タイプ 6号機
仕様 A+RT
BIG枚数 222枚
REG枚数 104枚
RTゲーム数 22G
回転数/50枚 44.4G〜48.7G
天井 非搭載

▼▼ボーナス確率、出玉率

設定 BIG REG ボナ合算 出玉率(完全攻略時)
1 1/297.9 1/392.4 1/169.3 99.20%
2 1/287.4 1/354.2 1/158.7 101.50%
5 1/275.4 1/322.8 1/148.6 105.00%
6 1/264.3 1/281.3 1/136.2 108.10%

▼▼ゲームフロー
ドンちゃん2 ゲームブロー

▼▼解析情報はスロマガがおすすめ!
パチマガ
スロマガ

画像引用:パチマガスロマガ

PV

試打動画

ツイッター内の口コミ・評判

4号機のドンちゃん2のサウンド、液晶をそのまま採用していることで、懐かしくて良い!という評価が多いようです。

導入台数が3000台の小台数ということも手伝って、高稼働のようですね。

懐かしくて打ちたいと思う人が一巡して、2週目で打ってくれるかが勝負でしょう。

管理人による評価・感想

ドンちゃん2の後継機ということで、30代以上の方はワクワクされてるんじゃないでしょうか。

筐体や演出面は旧ドンちゃんを見事に再現されています。

演出面は通常時から3種類のドンちゃんを選択して、演出頻度などを調整することが出来ます。

このドンちゃんを選択出来る点だったり、無音ビリーなど、昔から打っている方にとってはかなり懐かしく感じる台に仕上がっていると思います。

あと、十字キーから出目履歴を見れるようになっているのでリーチ目が出た時に数G遡って「このゲームで入ったのか?前ゲームから入っていたのか?」とリーチ目を探す楽しみはありそうですね。

筐体や演出面は旧ドンちゃん2が見事に再現されているようなんですが、スペックがだいぶ違います。

今回はハナビと同じようにボーナス後にRTが付いてきます。

ということで、最もスペックが近いと思われる「5号機ハナビ」と「6号機ドンちゃん」のスペック比較を見てみたいと思います。

# 花火 ドンちゃん2
ボーナス合算 1/172 1/169.3
機械割 100.50% 99.20%
回転数/50枚 34.9 44.4G
BIG枚数 311枚 222枚

やはり一番気になるのはボーナス枚数です。

ボーナスの払出枚数の規則が6号機になって大きく変化しました。

5号機では最大480枚払い出しだったのが、6号機では300枚に制限されました。

300枚というのは払い出し枚数であり、獲得枚数はもっと落ちます。

今作ドンちゃん2のBIG獲得枚数は222枚・・。

花火が311枚だったので約2/3程度にスケールダウンしてしまいました。

BIGの獲得枚数が大幅に下がって、50枚当たりの回転数が大きく上がった、という感じでしょうね。

打つ人の感覚としては「よく回るけど連荘しても出ない」という感じでしょうか。

・・。

・・・・・。

これ誰が打つの・・??

リアルボーナスにすることで、リール制御が変えれたりするメリットはあるけど、花火などの5号機と比較されると勝負にならない気がします。

確実にハナビの下位互換という印象なんですよね。

だったらいっそのこと、ベースは少し上がってしまうかもしれないけど、擬似ボーナス仕様にして全く別の連荘機と出した方が花火などの5号機アクロス機と差別化が図れて良い気がします。

それか今だったら激甘スペック枠が狙えた気がします。激甘スペックは、ホールの経営上は多すぎると成り立たなくなるけど、まだ今ならギリギリいけた気がします。

ディスクアップが流行ったことで、これからワンサカ激甘スペック台が出てくると思うけど、4号機時代のユニバは激甘スペックの名機を多くリリースしてきたので、覇権を取るチャンスだった気もします。

個人的には今回のドンちゃん2の仕様だったら、懐かしいおっさん勢が最初は打ってみるけど、5号機アクロス機とのギャップがきつくてすぐ客飛びするのは間違いないでしょう。

最後に採点をさせていただきたいと思います。

懐古厨には需要はあるけど、5号機のアクロス機と比較するとかなり厳しいということで

評価は40点(★2つ)

とさせていただきます。

▼▼2019年5月2日追加
ドン2の後継機ということで、サウンドと筐体パネルなどが4号機の初代ドン2と全く同じなので、初代を打ったことがある方なら懐かしく昔を回想すると思います。

ただ、今打つと本当に微妙。涼(スイカです)を取るのに全リール目押しが必要なんですよね。何かしら演出が発生したら涼を目押しするようにしてたんですが、高ベースってことがあり演出起こっても提灯・・というパターンが多くて目押しが報われない感じでツマらなかったですね。

ボーナスが揃う前の出目履歴の機能は良いと思いました。この機能は液晶機のリーチ目系Aタイプに合っているので、今後の発売される台にも搭載して欲しいですね。

みんなの感想(投票お願いします!!)

みんなの評価(平均1.6) 
 レビュー数(7件)
4件
2件
1件
0件
0件

よく言えば、少ない枚数なりにベース高く割りも悪くない。4号機時代のドンちゃんを好んで打っていた人に嬉しい、複合役の疑似獲得である技術介入もあるなどして楽しませようと頑張っている。

悪く言えば、4号機時代に打っていた人にとってはあまりにも物足りなさ過ぎる枚数である。RT付けなくてもよかったからボーナスを軽くしてほしかったという意見をよく聞きます。 そして、後続機であるが故に新鮮味がない。
最終的には、 「よくある台」として片付けられますね
ヒットとはとてもじゃ言えないけど、残る台だとは思います。

本当にクソ台。バケしか当たらず、2000ゲームビックなしもあった。

ドン

どんちゃんが好きだったが為に、非常に残念な仕上がり・・・
このボーナス確率で222枚とか開発者はアホすぎる。
ゴミみたいなRTつけるなくていいから、ボーナス確率をクラセレ並みにしろよ・・・
何故か一番面白かった青ドンの金魚演出だけ変えているところが、センスの無さを感じる。

嬉しき予感

まずリール配列と演出面が全然ダメだと思う
緑/青/赤どれも旧作の方で熱かったパターンなんか一切考慮されてない
どれも単純な、ただ何かすれば当たり的な底の浅さ、ニワカ臭が辛い
そして低設定域は合算1/169.3というのが信じられない位ハマりが頻発する
とても打てたもんじゃない

無いかな

懐かしいんだけど、二回目は無いかな。
技術介入して設定示唆するだけって、これはドン2じゃないだろ。

けんしろう

PVと試打動画見ましたが、液晶演出は昔のドンちゃん2を再現出来ていると思いました。出目履歴とかも良いですね。スペックは劣るようですが無音ビリーとか懐かしくて打ちたい。

管理人ひかる

導入前のスペックを見た上での評価です。
懐古厨には需要はあるけど、5号機のアクロス機と比較するとBIG枚数などがかなり厳しそうということで星2と評価しました。6号機Aタイプの試金石にもなりそうなので注目ですね。

スペックを見ての評価、初打ち評価を投票して下さい(^^)
1
2
3
4
5
投票する
 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます