はじめまして

はじめまして、パチスロファイトクラブ管理人のひかるです。

私がパチスロに出会ったのは20歳の時でした。
1個上の先輩に誘われ、最初は「なんとなく楽しそう」程度の感覚で気軽に打ったのを覚えています。

その時打ったのは4号機の初代アステカです

コインの入れ方からストップボタンまで、先輩に手取り足取り教えてもらいました。
その時はビギナーズラックで1時間程度でプラス差枚で終わって非常に興奮したのを覚えています。

パチスロはボタン押下でリールが止まったり、ユーザー操作に連動して演出が出てくるなど、全部ユーザー操作発信で動くというのが魅力と感じています。
なので私は意外にも競馬やパチンコはやりません。

なんか刺さらなかったですね(^^;)

そういったパチスロにしか無い魅力だったり紹介するパチスロの面白いところを見つけて紹介していきたいと思っています。

スロットの勝ち方を学ぶ

初打ちから1年くらいたったころから、もっと勝ちたいいと思うようになりました。

まだネットが普及していない時代でしたが、パチスロの攻略記事をメルマガなどで展開する方がいました。
そのメルマガの中のひとつ「ドンちゃん白書」というメルマガには店の癖の掴み方だったり、店選びのコツや立ち回りの考えなど、徹底的に学びました。

メルマガから発展して情報商材&サポートつきで2万円程度で買い取った気がします。
ドンちゃん白書でスロットとはなんたるかをドンドン学んでいきました。

10年立っても勝つための根本的な考え方って実は変わっていなかったりします。
当時は学生だったので、平日昼はそこまで打てません。

大型連休になると毎日のようにスロットを打ちにいって、月に50万円ほど勝っていました。
あのころは毎日、朝一からパチンコ屋にいって夜は閉店チェックをして次の日の狙い台を絞って、、というのセミプロのような生活でしたね。

パチスロ自体が大好きだったので毎日打っても全く苦痛ではなかった事と、自分の手で大金を稼げることが本当に楽しかったですね。

現在はサラリーマン

今はサラリーマンをしながら空いている時間にパチスロを打っています。
サラリーマンになると、パチスロを打てる時間が限られてきます。
平日夜と土日しか打てません。

なのでホール選びや機種選択は昔以上に厳選するようになりました。
そのかいあって、社会人になってから毎年勝ち続けて、年間平均50万程度勝っています。

打つ日と打つ台を厳選して効率良く勝っていると思います。
同じように仕事や他にやりたいことが沢山あるが、その中でも時間を見つけてパチスロで遊ぶ人も多いと思います。

そういった限られた時間の中で、少しでもパチスロで楽しみながら勝てるのかをこの提供し続けていきたいと思います。

今後もパチスロファイトクラブをよろしくお願いいたします!!


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます