みなさん、こんにちわ。

普段は新台スロットの評価ばかり書いている、パチスロファイトクラブ管理人のヒカルです。

今日は私自身がやっている投資について紹介させていただきます。

私自身、あまり大金を使う趣味も無く「気づいたら1000万円近く銀行預金に溜まっている状態」でした。

今はゼロ金利政策真っ只中で銀行に預けても全く金利がつかない状況となっています。

そんなこともあって、去年あたりから「銀行に眠っている預金を投資に回したい」と考えるようになり、色々と調べたり、良さそうな投資は実際に実践してきました。

個別株やFXはサラリーマンにはおすすめしない

一般的に投資と言えば個別株やFXが一般的になるんじゃないかと思います。最近だと仮想通過というオワコン化した物もありましたが・・。

個別株やFXのようなレバレッジが効く投資をするとなると、ライバルになるのはプロの機関投資家です。

プロの機関投資家と互角にやりあおうと思ってても「情報・時間」の面で不利になり、ほとんどのケースが勝てないと思います。

基本的に短期勝負になればなるほどゼロサムゲームになり、プロを押しのけないと勝てないようにできており、それは本当に神経すり減らすのでサラリーマンにはおすすめしません。

私がおすすめする投資はプロの機関投資家とも差がつかないIPO投資です。

IPO投資とは?

IPO投資は何かと言うと、新規上場株による投資のことです。

上場する際に株取引を一般公開する前に株を抽選で売り出しています。

この売り出し価格は公開価格と言われるのですが、公開価格は大バーゲン割引価格で売り出されることがほとんどです。

なので、新規公開株が抽選で当選したら、一般公開された時にすぐに売れば(初値と言います)、差額で利益が出るという手法です。

2017年のIPOが「公開価格<初値」になったのは89%で、当選すればほとんどの確率で利益が出ました。

私の2018年の実績

私は2018年から本格的にIPOを始めたのですが、当選実績は以下の通りです。
合計で53万4千円の利益が出ています。
SOU100株(+7万円)

QBホールディングス100株(-2.7万円)

ラクスル200株(+2.9万円)

メルカリ200株(+40万円)

キャンディル100株(+6.2万円)

大型IPOに申し込むことが重要

IPOは抽せんになっており、一人につき最低単位(100株)しか抽せんを受けれないようになっています。

なので、売り出し株数が多いIPOに申し込めば当選確率が上がります

上記の私の当選実績も大型IPOばかりです。

なんでこんな話を今するのかという本題に行こうと思います。

もうすぐ過去最大級のIPO「ソフトバンク」が上場することになっています。

ソフトバンクのような超大型IPOの場合は2枚3枚当たる方も沢山おり、参加期待値が激高になっています。

もうすぐ上場承認される予定になっており、今からでも口座開設すれば間に合うはずです(来週になると厳しいかも・・)。

いつもは新台スロットの評価記事ばかり書いている当ブログですが、自信をもってお伝えできる情報だと思い共有させていただきました。

私が運営している別ブログでIPOの始め方を丁寧に解説したページを用意したので是非ご覧下さい。

▼▼IPOの始め方
サラリーマン向けIPO投資講座


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます