asanarabi-min

横の怖そうな人が狙い台に足を放り投げていたらどうすべき?

質問
先日、パチンコ屋で打てる台を探していた所、ボーナス合算が非常に良いジャグラーが空いていました。
店の状況とデータ的に設定6も十分期待できる台でした。
しかし、横の怖そうな人がその台に向かって足を放り投げていました。
台に座った瞬間いちゃもんをつけられるのが怖くて、打ちませんでした。
この場合、どうするのが正しかったのでしょうか?

日本にも一定割合で本当に危ない人がいる事実

世界一安全な国と言われる日本でも、残念ながら一定割合で本当に危ない人がいるという事実があります。

一見怖そうに見える人も大抵は話せばいい人だったりしますが、一定割合の人は会話でのやり取りが出来ずに本当に危害を加えてくる人もいるということです。

極論ですが、相手が無差別通り魔殺人犯の可能性だってあるわけです。

私は経験上、危なそうな人には一切かかわらない方が良いと考えています。

要するに逃げるが勝ちです。

よくある間違い

たしかに危ない人も一定割合いますが、今回のケースでは真っ先に打たない選択をするのはもったい無さすぎます

パチンコ屋はすぐ近くに店員もいますし、注意すれば文句を言われたり喧嘩を売られることは回避できます

じゃあ正解は?

じゃあ正解は?

まず、一発目のジャブとしてデータカウンタをポチポチしましょう

ポチポチポチポチ・・

これで3割くらいの人が足をどけてくれます。

それでもどけない場合は、2発目のジャブとして携帯を下皿に置いてみましょう

打つぞ!俺は打つからな~!

と意思表示しましょう。

これで8割くらいの人が足をどけてくれます。

それでも足をどけてくれなければ、軽く手を挙げて小声で「すいませ~ん」と言いつつゆっくりと椅子に座ります

やっぱり、強気にどかっと座るよりも、下手に来る人には好意を持つはずです

これで経験上、100%強面の人でも足をどかしてくれます

もしこれでも足を引っ込めない人は、、危険な人です。

もし危険な人認定したら私ならその台では打ちません!!

だってその台を打つことは人生での期待値はマイナスなのだから・・・


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます