こんにちわ、ひかるです。

今日は自分のパフォーマンスを100%発揮するために必要なことについて書いていこうと思います。

体調が優れないと立ち回りや目押しをミスしたり結果が出しにくくなります。

小さなことでも積み重ねで結果として大きな差がでてしまいます。

パフォーマンスが低下する要因はいくつかあるのですが、今回書くのは「体調を万全にする」ということです。

食当たりを気をつけましょう

よく聞くのが朝一に「腹痛になる人」です。

やはり朝一は変更判別だったり周りの挙動を見たりとかする効果がでかいので、朝一に腹痛で自宅から出れなかったりするのは痛いです。

にも関わらず、朝に腹痛になる人は本当に多いです。

誰しもが腹痛になるのは嫌だけど、そこまで生死が変わるようなことでもないから軽視している人がほとんどな気がしています。

実は僕も昔は腹痛になりやすかったです。

腹痛になりやすい、なりにくいという、もともとの体質的な部分も確かにあると思います。

でも実体験から考えていくと、体調がすぐれず免疫が落ちている時に生モノばかり食べたり、食当たりの可能性が高い食べ方をしているんですよね。

食当たりの可能性が高い食べ方って、単純に食当たりだけで済まない他の病気の可能性も上げているんですよね。

食当たりで免疫が落ちた時には他の病気にもかかりやすくなりなってしまいます。

-----sponsored link-----

食当たりしないようにするには?

私も気をつけていて、止めた方が良い食べ方は以下のようなものです。
・賞味期限期限切れの物

・体調がすぐれない、疲れている時の生モノ

・不衛生な個人店での生モノ

・ファーストフード(使いまわしの油ですからね・・)

・飲みすぎ(消化器官に負担がかかる)

・アレルギー

基本的な考え方としては身体に負担がかからないようにすること疲れや体調が悪い時に身体に悪いものを食べないこと

この2つが重要になってきます。

睡眠を取って疲労をためずに消化器官の負担が少ないものを食べましょう。

もし、上記を守っているのに食当たりが続く方がもしいたら病院を受診して原因を特定した方が良いと思います。

一人で考えても限界がありますからね。

専門家の意見を取り入れが方が早く改善する可能性が高いです。

これを機に色々と調べたことを踏まえて自分が重要視していることを書かせていただきました。

たかが食当たり、されど食あたり。

身近な問題だけど軽視しがちだと思います。

積み重なって大きな違いになってしまいます。

よく食当たりする方は参考にしてみてください!


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます