今回は4号機時代に実際に私が体験した実話を書きます。

リセット恩恵があるBモノ朝一からボーナス成立しているモーニング台があった影響で、朝一はお得なことがいっぱいで本当に盛り上がっていました。

今のパチンコ屋って大型チェーン店が多いですが、昔は小規模店が多かったんです。

小規模店は朝一の並びのルールが作られておらず、割り込みとかもなんでもあり。

ともかく早く狙い台に座ったもん勝ちという所が多かったです。

開店時間前になると、我先に行こうと押しまくって大変だったのを覚えています。

朝一は鉄火場でした。

4号機の新台入替初日

ここ最近の新台入れ替えって、初週なんて全然出さないですよね?

まずは機械台を回収して無事に回収出来て戦える台のみ設定入るみたいな感じだと思います。

でも4号機の新台入れ替えって、今と比較するとめちゃくちゃ設定入れてくれていたんですよね。

これは、機械代が安かったというのだったり台の寿命が長かったことが要因な気がします。

まずは楽しい所を打ってもらってじっくり台の人気を育てていく感じです。

初日はオール設定の店とか普通にありました。

今と違って、新台入替日に開店待ちしている時間は本当に楽しみでワクワクしてましたね。

押すな!押すな~~~~~~~~!

小規模店のタイムパークの新台入れ替えの日です。

大人気だったタイムクロスの後継機ということで、開店前から店の前は人だかりになっていました。

その店は入場曲流れて、しばらくしたら入場の扉を店員が開けたら一斉入場という流れの店でした。

店から入場曲が流れた瞬間、みんな興奮したのかまだ扉は開いてないのに後ろから押しまくってきます。

めちゃくちゃ痛いです。

 

「痛い!」

 

べりべり・・

 

「押すな!」

 

べりべりべりべり・・・

 

 

 

「押すな~~~~~!!」

 

 

パリーン!!!

 

 

 

なんと人が押した圧力により、入場のガラス扉が割れてしまいました。

 

ざわざわざわざわ・・・・

 

みんがざわついていると、事務所の扉が開きました。

 

そこから出てきたのはパンチパーマをかけた非常に強そうな方でした。

 

「誰だ割ったのはてめおら~~~~!!!!!!!!」

 

「一列に並べおめえら!!」

 

完全に戦意喪失した客は素直に並びなおしました。

 

私は前の方に並んでいたので無事にタイムパークを取ることが出来ました。

 

後日談

その後、扉が大破した店は朝一の並び順ルールを作っていました。

まぁ扉が割れる実害が出ているので当然かもしれませんが。

こんなのを知っているので、最近の店の抽選入場とかって本当に進歩したなと感心してしまいます。

▼面白かった、参考になったと思ったら下記画像を1日1クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sponsored link